【オランダのチップ事情とチップの支払い方】恥ずかしがらずに払ってみよう

オランダ チップ 事情 支払い方

チップを払う習慣のない日本人にとって、

チップって支払うべきなの?

どうやって払うの?

ていうか、いくら払えばいいの?

と疑問は尽きません。

今回はオランダのチップ事情と、実際のチップの払い方について紹介します。

ナナ

お問い合わせやご相談はinfo@nljobnavi.comからどうぞ

目次

オランダのチップ事情

オランダでのチップは強制でもなく、支払わなかったから嫌な顔をされることもありません。

勝手に上乗せされることもないので、払うか払わないかは完全に個人の自由。

オランダ人の中にもいつも払う人、いつも払わない人がいるようです。

パートナー

確かにチップを払うのは自由だけど、払った方が親切だよね
僕はいつも払ってるよ

チップを払った方が好意が伝わる

言葉以外でこちらのお礼の気持ちを伝える方法として、チップは有効な手段です。

オランダ在住の日本人が発信されている各サイトでも、「チップを払うのは自由、払わなくても大丈夫」と書かれてあることがほとんどです。

とはいえ、チップを払った方が明らかに相手に喜ばれるのも事実。

日本で「ごちそうさまでしたー」と言う感覚で払ってもいいんじゃないかと思います。

ナナ

「チップをもらえた」と分かった時の店員さんはさらに笑顔になります!

「良いサービス」をどう判断する?

「笑顔の接客、おもてなしされるのは当たり前」の日本人にとって、オランダの「良いサービス」をどう判断したらいいのでしょうか。

私の意見は、

「特に不快な思いをしていなければ、チップを払った方が気持ちがいい」

です。

もちろん、上記の基準は私が自分で決めたものなので、人によって違うのは当然です。

ただ、

「払っても払わなくてもいいなら払わない」

と最初から決めるより、「お礼の気持ちを伝えたい時に払う」という習慣を身につけておくと、オランダの生活になじんできたなと感じられます。私の場合ですけど。

オランダのチップの支払い方

チップの支払い方は一度やってしまえば簡単なので、ぜひ習慣づけたいところです。

チップをいくらに設定するかは自由

チップの設定金額は5%~15%程度が一般的ですが、計算が面倒なので

  • 10%の上乗せ
  • 切りのいい数字

をこちらで提示するのがおすすめです。

例えば、

合計8€⇒9€(10%上乗せ)

合計13€⇒15€(切りのいい数字)

など自由に設定可能。

料理もおいしくて接客も良くて、とても気持ちのいい時間を過ごしたなら、感謝の気持ちを込めてもっとたくさん支払ってもいいんです。

チップの支払い方法

チップの支払い方は以下の流れを参考にして下さい。(とっても簡単!)

会計時に

店員「It’s 18 euros.(お会計は18€です)」

私「So, 20 euros.(じゃ、20€で)」

店員「Thank you!」←めっちゃ嬉しそう

↑これだけ!!

店員さんはどこの店でも「〇〇€です」と金額を言うので、それに続いてこちらから金額を指定するだけ

店員さんはこちらが口頭で伝えた額を入力し直し、クレジットカードリーダーを差し出すので、後は支払うのみです。

まとめ:オランダでチップを支払うのは自然なこと

「サービスがよければチップを払おう」とどのサイトでも言われていますが、結局どんなサービスならチップを支払うべきなのか、日本人にはわからないと思います。

だって日本人にとってサービスが良いのは当たり前だから。

それでも試しに一回、日本人の視点をやめてみると…新しい感覚が手に入るかも!

「お礼の気持ちをチップで払う」のは自然なこと。

もし「美味しかったな」「良い時間だったな」と思ったら、少しでもチップを払う習慣があってもいいと思うのです。

※現在筆者は、オランダで「オランダ JobNavi」という求人・起業サイトを運営しています。
筆者へご質問やお問い合わせがある方は、上記サイト内のお問い合わせからinfo宛てへメールを下さい。

Xもやっておりますので、フォロー&コメントして頂ければDMいたします。
https://x.com/hollandJobNavi

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。マルちゃんと申します。
    私も30代後半に差し掛かり、ナノさんと同じ状況にあり、海外移住を考えています。
    今までは、年齢のこともあり躊躇してましたご、ナノさんのブログを読み、ちょっと挑戦してみようかなぁと思うようになって来ました。
    ありがとうございます!

    • マルちゃんさん、
      こちらこそ本記事をご覧下さいまして、ありがとうございます。
      コメントが励みになります。
      今後もゆっくり更新して参ります!

コメントする

目次